これで解決!スーパーの魚やお刺身がおいしくない理由とおいしくなる工夫・ウラ話を公開!

スーパーの魚やお刺身を買って料理して食べても「おいしくない」、「まずい」と感じたことはありませんか?

管理人の夫は漁港の近くで育ったため、関西に来てからあまりおいしいお魚に出会ったことがないと嘆いていました。

この記事は、「おいしいお魚が食べたい」というあなたにスーパーのお魚やお刺身がまずいと感じる理由とその対策おいしいお魚の入手方法をお伝えします。

スーパーの魚がおいしくない理由

理由1)スーパーの魚は鮮度が低い

スーパーのお魚は解凍された状態で長時間陳列されているため、 その時点で鮮度が下がっています。よくドリップがたくさん出ているお魚のパックを見かけると思います。

お魚のドリップには、ヒスチジンという疲労回復に効果があるアミノ酸など有用なタンパク質が含まれていて、ドリップの量が多ければ多いほど栄養素も流れ出てしまうことになります。

【真実】スーパーの魚は2回もセリにかけられた後にお店に流通している

下にあるのが、収穫されてからスーパーで購入するまでの流通システムです。

魚介類が収穫されてスーパーに陳列されるまでの流れ
  1. 漁師
  2. 産地漁場共同組合
  3. 産地卸売市場 セリ1
  4. 産地卸売業者
  5. 中央荷受業者
  6. 中央卸売業者 セリ2
  7. 消費地小売店
  8. 消費者

私たちの食卓に並ぶまでに非常に多くの場所を経由していることが一目瞭然ですよね。

2重のセリにかけられて、運搬されている流れが、消費者目線で鮮度を最優先されているものとは到底思えません。

流通の段階でブランド化された魚は意図的に流通量を制限されるため、必然的にスーパーに並ぶお魚の種類も限られてきます。

スーパーでパック詰めされた魚介類は食品添加物がてんこ盛り

たとえば、「マグロ切り落とし刺し身」には、植物油脂、酸化防止剤、pH調整剤。「お刺し身用いかそうめん」には、還元水飴、砂糖、調味料などが並んでいる。

引用元:asahi.com:お刺し身にもこんなに添加物。店頭で見分けるには

スーパーでパック詰めされたお魚の切り身やお刺身は、もはや生鮮食品ではなく加工食品です。

卸業者にとって添加物は使いたくないものでも、スーパーの激しい価格競争に勝つためにコストを下げなくてはなりませんので、日持ちさせるために酸化防止剤やpH調整剤は当たり前に使われているのです。

理由2)お魚の見分け方・調理方法を間違っている

スーパーの生鮮食品は、ものによって良し悪しがかなりあります。

また、運よく比較的新鮮なお魚が手に入っても、扱い方によっておいしくもまずくもなります。

では、お魚をおいしく食べるにはどうすればよいのでしょうか

おいしいお魚(お刺身)の食べ方とおいしい魚の入手方法も紹介します。

どうしたらスーパーの魚やお刺身をおいしく食べられるのか

方法1)なるべく新鮮なお魚を見分ける・選ぶ

同じ魚の種類でも、新鮮なものを見極めて買うようにしましょう。

スーパーでおいしい魚を見分けるポイント
  1. 表面に光沢があり見た目が瑞々しい
  2. 黒目が澄んでいる
  3. うろこがそろっている、ヒレが黒ずんでいない
  4. なるべくドリップが出ていない
  5. 模様があるお魚は、よりくっきり模様がわかる

方法2)正しい下処理をする

お魚の水抜き

家庭にあるもので簡単に水抜きするには、塩水処理がおすすめです。

氷水を入れたボウルに1000mlあたり40~50g(大さじ3+小さじ1程度)の塩(できれば海水)を入れ、

その中でお魚を15~30分漬けたのち、キッチンペーパーでしっかり表面の水分を拭き取ります。

お刺身がおいしくなる切り方

動画タイトル:【板前の技】知ってるようで知らない【マグロ刺身の切り方・筋の切り方】 ※クリック・タップしたら音が出ます。

 

お刺身(マグロ)を切るポイント
  1. 魚の筋目に垂直に包丁を入れる
  2. 研いだ包丁で調理する(あれば柳包丁)
  3. 刃元から刃先に向かって包丁全体を刺身に当てて削ぎ切りする
  4. 筋が倒れている方向を見極めて引っかからない方向にゆっくり包丁を入れる

専用の脱水シートを活用する

f:id:EnjoyFreeApp:20211117060049p:plain

コストはかかりますが、お手軽なのが、オカモトのピチットロールという商品です。

お魚を包み、冷蔵庫に1時間ほど置いておくだけで余分な水分を除去できます。

Amazonでも購入できて、口コミも★4.5とかなり好評です。

方法3)おいしくないお刺身は思い切って揚げてみる

 

動画タイトル:【竜田揚げ】お刺身リメイクで一度に2度美味しい/お弁当にも!【簡単献立】 ※クリック・タップしたら音が出ます。

鮮度が落ちたお刺身やお刺身の余りものにもおすすめなのが「揚げる」という方法です。

特にまぐろの竜田揚げが人気です。

おいしい魚やお刺身を買うにはどうすればよいか

スーパーで買ったお魚をおいしく食べる方法を紹介してきましたが、そもそも先ほど書いた理由から流通の段階で既に鮮度が落ちているので、できれば生産者に近い場所から購入するのが理想です。

おいしい魚はどうやったら手軽に手に入るか、ここでは3つ紹介します。

方法1)魚屋さん(鮮魚店)で買う

魚屋さんで買うと、その時の旬のお魚が安く買えます。おいしい食べ方を直接教えてもらったり、 調理方法に合わせてその場で下処理してもらったりしてもらえることもあります。

ですが、「近くに良い鮮魚店を知らない」という人も少なくないと思います。
それもそのはずで、魚離れや量販店増加などの影響で街の鮮魚店は減少する一方です。

昔は当たり前に商店街の一角にあったお魚屋さんは、2014年の時点で7,520に減少しました。(水産庁HP 図2-4-16 全国の鮮魚小売業の食料品専門店の数の推移 参照)

身近に直接対面でお魚のことを教えてくれる魚屋さんがないという人は、 お取り寄せを利用してみてはいかがでしょうか。

方法2)お魚のお取り寄せをする(料理が好きな人向け)

生産者から直接お魚を直送してもらえるサイトがあります。

今回は代表的な2つのサイトを紹介します。

「ポケットマルシェ」

サービス名 ポケットマルシェ 日本最大級の産直サイト
特徴

・旬の食材を生産者さんから直接購入できるサービス
・全国約5,000名の生産者が登録
・果物、海鮮、野菜、お肉など1万点以上の品ぞろえ

買える魚介類

(例)※時期によって異なります

・ハタハタ

・生カキ

・サーモン

・ホタテ

・トロえび などなど

公式Webサイト 生産者さんから旬の食材が買える ポケットマルシェ

「食べチョク」

サービス名

食べチョク 生産者からチョクでお届け

特徴

・旬の食材を生産者から直接購入できる

買える魚介類

 (例)※時期によって異なります

・まぐろ

・生カキ

・サーモン、いくら

・ホタテ

・にじます などなど

公式Webサイト 売り切れ続出中!期間限定の食べチョク福袋をゲットする

方法3)お魚のサブスクを利用する(料理が苦手な人にも)

「サカナDIY」

サービス名 サカナDIY 地魚料理キットのサブスク
特徴

・下処理済みのお魚で簡単に自宅で本格的な地魚料理がつくれる
・目利きのプロが厳選した旬の地魚が送られてくる
・スーパーに売っていない魚に出会える
・プロトン凍結の技術でドリップが少なく旨味を損ねない状態で配送


f:id:EnjoyFreeApp:20211109061617p:plain

利用料金

月額5,400円(税込・送料無料)〈2人前×4種類〉
★1回~利用可能

特典

f:id:EnjoyFreeApp:20211109061811p:plain

公式Webサイト 新鮮な地魚料理のセットを毎月お届け【サカナDIY】

 

さいごに

お魚は良質なたんぱく質はもちろん、ビタミン、必須ミネラルの宝庫です。お魚を1週間に1回食べることは、心疾患などの病気の予防につながると言われています。

魚をおいしく食べるためにも、調理方法の工夫やお取り寄せを活用することで、ぜひお魚を食べることを習慣化しましょう。